『復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法』での冷却期間の考え方

 

よく、復縁のためには冷却期間が必要、といわれますよね。

 

とはいえ、

冷却期間ってどれくらいが適当なのか、
また、冷却期間って、ただボーッと時間が流れるのを待てばいいのか

このあたりの明確な答えはなかなか得られないと思います。

 

『復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法』によれば

 

まず、期間の長さ・・・

 

一般的に男性の場合、何かに対する「負の感情」「ネガティブなイメージ」は
だいたい6ヶ月くらいで忘れてしまうといわれているようです。

 

つまり、彼のあなたに対する悪い感情やイメージは
半年ほど待っていれば消えてしまう可能性があるということです。

 

とはいえ、マイナスが消えても決してプラスになったわけではなく「ゼロ」になっただけ。
でも、ここが元彼との復縁へのスタートラインになります。

 

この半年の間に、様々なアプローチをしたり
しつこく復縁を迫るようなことがあると、結果は想像通りの悪いものとなってしまうでしょう。

 

とくに男性は、女性との「話し合い」という形態を嫌う性質を持っているので

 

「とにかく話し合いましょう」などというおびき寄せ方は最悪の事態を招くことになります。

 

男性は、まだ「楽しい話し合い」ならばそれほどのストレスを感じませんが
女性からの悩みやストレス、マイナス感情などをぶつけられてしまい
問題の解決策がすぐに見つけられないような議論には一気に聞く耳を塞いでしまいます。

 

ですから、別れた後に6ヶ月くらいの冷却期間をとり
その間は、彼に負の感情を思い起こさせないように、じっと我慢の日々を送り、
自分だけの力で乗り切るというのが復縁への基本的なスタンスになります。

 

 

冷却期間の過ごし方

 

「復縁への冷却期間」といっても
6ヶ月間なにもせずに悶々と過ごしても、自分に何の成長もないワケですから
もし仮には復縁することが出来たとしても

 

同じ原因でまた別れるハメになってしまうことは明らかですよね。

 

そこでも、その冷却期間にすべきことは、
自分の人間的な部分で足らない部分を見つけ出し、それを補う手段を見つけること。
また、元彼の人間性で、足らない部分を解明し、それをフォローできる自分になること。

 

『復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法』では
冷却期間をそんなふうに捉えています。

 

これは冷却期間を人間的に自分が成長するための期間に当てるということですね。

 

元彼との復縁に向けての冷却期間の過ごし方は・・・

 

●なぜ別れることになってしまったのかという分析
●その原因を取り除くための改善努力
●そして、元彼に「前よりずっと素晴らしい女性になったね」と思ってもらう。

 

ただ、このときに注意しなければならないのは
あなたがなぜ彼と復縁したいのか、というポイントです。

 

それは単に「依存心」ではありませんか?

 

実は、あなたが復縁したいと思っているのは、単純に

●私の心の隙間を埋めて欲しい
●孤独感を消して欲しい

というものではありませんか?

 

これは、彼への「好き」という感情が、単純に自分の欲求を満たしてくれるかどうか
という「依存心」にと配されていることになります。

 

つまり、辛いのは私、という考え方。

 

これでは、彼を人間的にフォローできる存在にはなりませんし、
例え復縁できたとしてもあまり意味を持たないことになるかもしれません。

 

 

▲トップページへ